小さな世界

どこにも行けないゴールデンウイーク、子供の工作や絵を手伝っていたのですが、とうとう自分が端材で遊びだしてしまいました。これは楽しい。偶然の形を組み合わせて建築が出来ていく、建築と建築の間には中間的な空間が生まれて、止まらない。GWが明けても週末の楽しみになりそうです。

子供の絵は、安西水丸先生の「おもしろ美術一年生」より

 

2020-05-06 | Posted in 日々, 未分類Comments Closed 

関連記事