加工

東京の工務店でお世話になっていた頃、建具枠の部材は監督が

加工図を描いて材木屋さんに発注していました。

 

関西だと大工さんが原寸図を描いて、現場で加工してしまいます。

 

元々、ほとんどが大工さんと左官屋さんの仕事だったので

当然と言えば当然なんですが、細分化された現場の中、建具屋さんの

仕事もこなしたり、なんでも出来る大工さんの丁寧で心のこもった仕事

を見ると感動します。

2019-05-15 | Posted in 京都 左京 改修工事Comments Closed 

関連記事