ikken Labo

 

以前より探していた家具工房、そしてikken Laboの建物。

 

大きな建物を工務店さん、ikken家具工房、ikken Laboとでシェア出来ることになりました。

場所は金閣寺の裏の方です。

本日は、家具工房移転の為の現場打ち合せ。

 

ikken Laboは写真の2階の大きなスペースを使えることになりました。

そして、家具工房の移転が5周年目にあたる9月9日に決定。

 

ikken Laboの構想ですが、

 

まずは、ここに至るまでの経緯を振り返りながら説明すると、

師である中村好文氏の影響が大きく、

常々、同世代の家具職人さんと一緒に仕事をし、共に育っていくことの大切さを伝えられました。

また、私自身、中村さんの勧めで工務店(クリエイトA)さんに出向し、そこで、監督さん、職人さんから身をもっていろいろなことを学びました。

 

その中村さんから受け継いだものを、同世代の職人さんたちと実践していく場として、そして一緒に働いてくれているスタッフや興味のある若い人にも、同様の経験が出来る場として存在出来ればと思っております。

 

具体的には、スタッフの場合は、担当しているプロジェクトの家具の製作を手伝ったり、家具図面をその場で描く事で、より家具の構成の理解や細部へのクオリティーが上がるのでは無いかと考えています。そして家具と設計の隣では、大工さんが手刻みの作業をしているという状況になるので、非常に学ぶことが多いのでは無いかと思います。

 

少し肩の力を抜いて、大きなキッチンを用意して、皆で雑談をしながら食事をしたり、時にはお酒を飲んだり。

クライアントさんにも、キッチンの現物を見て頂いたり、その他の家具を見てもらったり、またまた食事をしたり。。。

 

大きな空間を利用して、工具類は全てが揃っているのでいろいろなモックアップの製作も可能になります。ゆくゆくは、設計、家具、大工さんなどその領域を超えていくような人も現れるのかと期待出来ます。

 

5周年目の9月9日よりいよいよ活動開始です。

ikken Laboについてはこちらでまた報告していきますので、今後とも宜しくお願い致します。

 

ikken設計室の拠点は、二条城前のままですので、こちらも宜しくお願い致します。  吉田隆人

2019-08-22 | Posted in ikken Labo, 日々Comments Closed 

関連記事