京セラ美術館

先日オープンした京セラ美術館へ、まだ京都府民の事前予約者のみの開放期間だったので、広々とした建物をゆっくり鑑賞。

 

設計は、青木淳氏。さすがに面白い空間に仕上がっていました。庭もこんなに素晴らしかったんだと再認識させてくれます。地下から入り、メインのロビーにあがって行く感覚など、魅力的な空間を堪能でき、階段やエレヴェーターがオブジェのように美しく、古い梁や柱など全て白くしたことで、より立体的に感じさせてくれます。

ただ個人的な趣味としては、せっかく古い建物なので、素材感をもう少し感じたかった気がします。ソウルに行った時に観た国立美術館などは、非常に面白い空間と素材感でした。カフェの什器も、時間の経過に耐えられない素材だったので、ここだけikkenに依頼してくれれば良かったのになあと思ったりもします。笑

とは言え、魅力的な美術館で近くで生活しているものにとっては、嬉しい限りです。

 

開館記念展の、杉本博司「瑠璃の浄土」を鑑賞。

2020-06-19 | Posted in 日々Comments Closed 

関連記事